あなたの脳の活性化をお手伝い!記憶力アップのあらゆる情報をお届けします。

menu
脳を活性化させる記憶力アップ大百科 » 記憶力向上したいなら知っておきたい基礎知識 » 30代で記憶力が低下してきたら?

30代で記憶力が低下してきたら?

「何か新しいことを勉強したいと思っても若い頃よりも内容が頭に入ってこない」「なかなか細かいことが覚えられない…」など30代になってから記憶力の低下を感じている方はいませんか?脳の発達のピークを超えて老化が始まっている30代の脳。実は、生活習慣などにより記憶力の低下を加速させてしまうことがあるのです。

30代で記憶力が低下する原因を知り、未然に記憶力低下を防ぎましょう!

なぜ30代でも記憶力が低下してしまうのか

脳疲労

働き盛りの30代。不眠不休で…とまではいかなくても、疲れが溜まった状態で毎日仕事を頑張っている方も多いことでしょう。仕事が忙しくなると、どうしても脳はフル稼働の状態が続き、精神的ストレスや脳の疲労が生じます。最近では、脳の疲労が過剰(脳過労)になると、脳が老化し記憶力が低下してしまうリスクがあることがわかってきています。

仕事がそれほど忙しくないとしても、スマホやゲームなど現代人の生活は、脳に情報を常に与えている状況です。その為、脳がインプット過剰になり、脳過労を引き起こし、記憶力が低下してしまうこともあるのです。

長時間の精神作業や精神的ストレス負荷は,眠気の誘発と共に意欲・集中力の低下をもたらす。また,尾上ら(2004)は脳が疲労することにより前頭前野の血流低下がみられることを報告している。

出典: 『脳疲労と脳血流量の関係性』理学療法学supplement,2016

食生活の乱れ

毎日を忙しく過ごす30代。食生活をおろそかにしてしまうと、脳の老化を早めてしまうといわれています。また、30代で脳を老化させてしまえば50代、60代になったときに認知症などを発症するリスクも高くなってしまうかもしれません。

夜遅くにインスタント食品を食べる方や好き嫌いの多い方、偏った食事が多い方は要注意です。脳に十分な栄養が届かず、ますます老化が進んでしまいかねません。

ご自身の食生活が乱れているな、と感じる方は脳にいいといわれる食品や栄養を積極的に摂りましょう。脳にいいといわれる食品に関する研究は色々ありますが、現時点では抗酸化ビタミンとして知られるビタミンA、ビタミンエ、ビアミンCが。また、リンゴに含まれるケルセチンや、青魚に含まれるDHAやEPAなどがよく知られています。

ホウレンソウ、ストロベリー、ブルーベリーなどの抗酸化物質,アントシアニン,その他のフラボノイドなどを多く含んでいる食品の加齢による認識力低下に対する効果が報告されている。〜中略〜アルツハイマー病の予防や記憶・認識力.またはそれらに関わる脳神経の機能や構造の維持にはミネラル類,ビタミン類,ポリフェノール類や脂肪酸類など多くの食品成分が関与していると思われる。

出典: (PDF) 『老化に伴う脳疾患への食品栄養科学的アプローチ』化学と生物,44(9)2006 [PDF]

多忙

ビジネスパーソンだけでなく、子育てをがんばる主婦・主夫の方、子育てと仕事を両立している方…。30代は毎日がとにかく忙しいと感じることの多い世代です。

毎日が忙しく、充実するのはいいのですが、その忙しさが度を越してしまうと、記憶力が低下するのを加速させてしまうことも。

たとえば、忙しすぎて睡眠時間が足りない方は、脳を十分に休める事ができず、記憶力を低下させてしまいます。睡眠不足による認知症の発症リスク上昇は、学術的に確認されています。

睡眠は人生の3分の1の時間を占める。睡眠中の脳では記憶の定着や不要な情報の消去が行われる。そして、熟睡中の脳では成長ホルモンが分泌され、アルツハイマー型痴呆症の発生要因の一つであるアミロイドベータ・ペプチドの排出が活発に行われる。従って、睡眠は学習や記憶、脳の疲労回復に重要であると同時に、脳の健全な発育や機能維持にも不可欠である。逆に、睡眠不足は学習能力や判断力の低下を招き、食欲を亢進させて甘味や塩分への嗜好性を高め、肥満や糖尿病、高血圧などの生活習慣病のリスクを高める。さらに、欝などの精神疾患の悪化を招き、痴呆症のリスクを増加させる。

出典: (PDF) 『睡眠研究の最前線:基礎研究から実用まで』口腔・咽頭科,28(3)2015[PDF]

記憶力を維持するには

記憶力を高めるために、もっと記憶と脳の関係を知りたいという方は、次のページも参考にしてみましょう。脳のどの部分が記憶を司り、どんなメカニズムで記憶が定着されているかをしれば、記憶力アップのための生活習慣や対策も立てやすくなります。


「【特集】脳と記憶の関係」の詳細はこちら

また、食生活の改善で記憶力を維持することも将来への備えとしてとても大切です。脳にいいといわれるブレインフードだけでなく、生薬や漢方でも脳を活性化させるといわれる成分があります。次のページでは、記憶力向上にいいといわれている生薬、遠志(おんじ)が使われている漢方を徹底比較しています。


「【厳選】遠志(オンジ)が入ったおすすめ漢方」の詳細はこちら

TOP