あなたの脳の活性化をお手伝い!記憶力アップのあらゆる情報をお届けします。

menu
脳を活性化させる記憶力アップ大百科 » 記憶力向上したいなら知っておきたい基礎知識

記憶力向上したいなら知っておきたい基礎知識

そもそも記憶力はなぜ低下するのでしょうか?まずは、原因から把握することが大切です。

記憶力が気になったらチェックしたい物忘れと認知症の違い

物忘れがひどいと、もしかしたら自分が認知症かもと気になったり、悩んだりしませんか?

できごとを忘れていると自覚しているか、生活に支障をきたしているかである程度の判断はできます。それでも心配な方のために、厚生労働省の挙げている記憶力チェックや原因などをまとめました。念のため、自分が当てはまらないかを確認してみてください。

物忘れと認知症の違いをチェックする>>

最適な睡眠時間は何時間?記憶を固定する睡眠

記憶を定着させるためには、睡眠が必要不可欠です。ただし、やみくもに寝るだけでは記憶力は高まりません。記憶力が高まるのに最適な睡眠時間はどれくらいでしょうか?あわせて、習慣の改善で質の高い睡眠をとる方法も紹介しています。日常で積極的に取り入れて、生活習慣から記憶力をアップさせていきましょう。

最適な睡眠時間をチェックする>>

記憶力の低下や記憶が定着しない原因

記憶力が低下する原因はさまざま。加齢・睡眠・食生活・ストレスといった生活習慣や薬、体内のホルモン量など…。「記憶力が低下したのは歳のせい」と思われているかもしれませんが、実は違うところに原因があるのかもしれません。正しい対策を取るためにも、記憶力低下の原因を突き止めましょう

記憶力の低下と定着しない原因をチェックする>>

あなたの子どもは大丈夫?注意したい「スマートドラッグ」

近頃中高生の間でブームとなっているのが、スマートドラッグです。「飲むだけで頭が良くなる」という夢のような薬なのですが、実は落とし穴が。下痢や吐き気、頭痛、さらには覚せい剤のような依存症など、さまざまな副作用があり、厚生労働省でも規制を強化している危険な薬なのです。誤って手を出さないためにも、スマートドラッグの恐ろしさを知ってください。

スマートドラッグを詳しくチェックする>>

あの方法は都市伝説?記憶力アップのウソ・ホント

「記憶力アップには青ペンが効果的」「日記をつけると良い」「朝型が良い」「ざわついている場所の方が勉強が捗る」など、さまざまなウワサが出回っていますが、果たして本当なのでしょうか?よく言われる記憶力アップ法の真偽を検証しています。

もしかしたら、あなたが本当だと思っていた記憶力アップの方法は「間違っていた!」なんてこともあるかもしれませんよ。ぜひチェックしてみてください。

記憶力アップに関する都市伝説をチェックする>>

20代で記憶力が低下してきたら?

20代でもストレスやスマホの使い過ぎ、睡眠不足。はたまた認知症などの病気によって記憶力が低下してしまうことがあります。「まだ若いから」と侮っていると後から後悔してしまうことになるかもしれません。最近記憶力が落ちてきたと感じている方も、物忘れが怖い方にも為になる記憶力が低下する原因や対策をご紹介します。

20代で記憶力が低下してきたら?をチェックする>>

30代で記憶力が低下してきたら?

責任ある仕事や、プレッシャーの強い仕事を任されることも多くなる30代。実は30代は記憶力が低下する原因が多い世代かもしれません。脳の成長のピークは20才と言われています。20代から徐々に現れ始めた記憶力の衰えを、30代になって実感する方もいるのではないでしょうか?30代で記憶力が低下してきたと感じた際にどんな原因や対策があるのかをご紹介します。

30代で記憶力が低下してきたら?をチェックする>>

本当に正しい対策を取ろう!

記憶力が落ちる原因は人それぞれで、対策もその人によって違ってきますが、生活習慣の改善は間違いなく記憶力の改善につながり、逆にスマートドラッグの使用は誰にとってもあまり良くない方法といえます。

記憶力を向上させるためには、原因を探ることが第一です。その上で、どのような対策が正しいのか、どのような対策が適しているのかをしっかりと吟味した上で日常生活に取り入れていきましょう。

TOP