あなたの脳の活性化をお手伝い!記憶力アップのあらゆる情報をお届けします。

menu
脳を活性化させる記憶力アップ大百科 » 【特集】脳と記憶の関係

【特集】脳と記憶の関係

脳と記憶の関係について知っておけば、記憶力のアップの方法も見つかります。まずはどのように情報が脳に記憶として定着するのか、メカニズムを見てみましょう。

記憶のされ方

脳は神経細胞という細胞と筋繊維によって構成されています。神経細胞の間、あるいは神経細胞と筋繊維の間には「シナプス」という情報を受け渡しする受容体が存在。このシナプスには「化学シナプス」と「電気シナプス」と、それらが混合する「混合シナプス」の3種類があります。

化学シナプスは神経伝達物質を受け取ることで情報を伝達する働きをし、電気シナプスは微弱な電気信号を受け取ることで情報を伝達する働きがあり、混合シナプスは両方の性質を併せ持っていますが、いずれも情報を伝達する役割があることには変わりありません。

目や耳、手などから得た情報は神経を伝わって海馬に運ばれ、やがて脳に記憶されます。しかし、年齢とともにこのネットワークが薄れることで物忘れが進行しますので、記憶力をアップさせるためには脳内の情報ネットワークを活性化させることが必要です。そのためには日常から脳を活性化させる生活習慣を心がけましょう。

その他には、記憶機能を活性化させて年齢と共に増える物忘れを改善する効果がある「遠志(オンジ)」を摂取するのがおすすめです。持ち運びができ、手軽に摂取できる商品があるのでチェックしてみてください。

記憶機能を活性化させる遠志(オンジ)とは?詳しくチェックする>>

記憶に重要な海馬とは?

脳内で記憶に深く関係する部分は、海馬(かいば)と呼ばれる器官です。外部から得た情報は一度海馬に集められますが、全ての情報を記憶するわけではありません。仕事で使う書類を整理整頓して必要なものを残すように、海馬もその人にとって必要な情報だけを整理整頓して記憶として保存します。

しかし、海馬は環境の変化に弱いデリケートな器官で、ストレスや恐怖を感じると萎縮してしまうのです。海馬が上手く働いていないと新しい情報が記憶として脳に定着しないため、物忘れも激しくなります。

逆に、適度な運動や規則正しい食生活で栄養素をしっかりと摂っていると海馬が活性化しますので、記憶力アップのためにはまず運動や食事などを見直してみましょう。

また、こちらのカテゴリでは記憶のメカニズムと右脳と左脳の記憶の仕方についても解説しているので一読してみてください。

記憶には段階がある?そのメカニズムとは

記憶力は「感覚記憶」「短期記憶」「長期記憶」の3段階に分けられます。それぞれ、どのような経路で記憶されているかご紹介しています。

記憶のメカニズムについて詳しくチェックする>>

右脳と左脳で違う?脳の記憶の仕方

右脳と左脳で記憶の仕方が違うのをご存じでしょうか?それぞれが得意な記憶を表でまとめています。

右脳と左脳の記憶の仕方について詳しくチェックする>>

TOP