あなたの脳の活性化をお手伝い!記憶力アップのあらゆる情報をお届けします。

menu
脳を活性化させる記憶力アップ大百科 » 日常生活でできる記憶力アップの方法【行動・物編】 » 音楽

音楽

音楽を聴くことは記憶力をアップさせる方法のひとつです。音楽と脳との関係、具体的にどんな楽曲が良いのかをご紹介します。

なぜ音楽が記憶力アップに良いの?

音楽を聞くと、脳に「α波」という電気的信号が流れます。α波はリラックスした状態で多く発せられるのが特徴的。脳を落ち着かせて集中力や記憶力を高める効果があると言われています。他にも「θ波」という海馬を活性化させる脳波も出やすくなるので、記憶力アップに効果が期待できるのです。

また、好きな音楽を聞くとテンションが上げるだけではなく、気分を高揚させて勉強や仕事に対するモチベーションを上げることができます。

ジャンルは選ぶ必要アリ!

音楽は記憶力アップの効果がありますが、どのジャンルでも良いというわけでもありません。例えばテンポが速い曲や壮大な曲は気分を高揚させるのには良いのですが、音楽自体に集中力が向いてしまって肝心の勉強や仕事に集中できない可能性も。

また、歌詞が入った曲も集中力を削ぐ原因となります。勉強しているときには歌詞が不要な情報になってしまうのですね。誰かにずっと話しかけられて集中できないのと同じことです。

記憶力アップにおすすめな楽曲

ゆったりとしたクラシックやインストメンタルで、歌詞が入っていないものが良いでしょう。特に効果があるといわれているのがモーツアルトの曲です。モーツアルトの曲は、「モーツアルト効果」という論文が発表されたほど、「モーツアルトの楽曲を聞くとIQが上がる」という研究結果が出ています。特に「2台のピアノ・ソナタ」や「交響曲第40番」がおすすめです。

他にもバッハの「G線上のアリア」やパッヘルベルの「カノン」など、バロック調の楽曲もゆったりとしていてリラックス効果が期待できます。勉強する前に気分を高揚させたいのであれば、ベートーヴェンの「交響曲第9番」の第4楽章が壮大な曲調で気分を盛り上げてくれるはずです。

「今までクラシックなんて聴いたことなかった」「クラシックは堅苦しい」という方も多いかと思いますが、これを機会に聴いてみてはいかがでしょうか?心を落ちつけて、記憶力アップへ繋げましょう。

音楽を聞くのが苦手という人は、記憶力の低下を改善できる「遠志(オンジ)」という成分を摂取するのがおすすめ。手軽に摂れる商品があるので、チェックしてみてはいかがでしょうか。

記憶力の低下を改善できる遠志(オンジ)とは?詳しくチェックする>>

TOP