あなたの脳の活性化をお手伝い!記憶力アップのあらゆる情報をお届けします。

menu
脳を活性化させる記憶力アップ大百科 » 日常生活でできる記憶力アップの方法【行動・物編】 » ヨガ・瞑想

ヨガ・瞑想

こちらのページでは、瞑想やヨガと記憶力アップの関係についてご説明します。

なぜ瞑想やヨガが記憶力に良いの?

ヨガはインドから伝わった仏教を起源としたエクササイズで、瞑想は目を閉じて安静にして神に祈ったり、無心になって心を落ち着かせたりすることです。ヨガは健康促進のために普及し、今ではメジャーなエクササイズとなっていますが、瞑想は「なんだか宗教チックで怪しい」と思われている方も多いかもしれません。一見、どちらも記憶力とは関係ないと思われているでしょう。

しかし、静かに心を落ち着かせるヨガや瞑想はが記憶力アップにつながるのです。アメリカのワシントン大学では、瞑想をしている人はしていない人よりも記憶力や集中力が高くなったという研究結果が出ています。

ハーバード大学大学院ではヨガや瞑想がストレス解消や病気リスクの低減効果があることを実験で実証。瞑想をして呼吸を整えることで、脳の海馬が活性することが記憶力アップにつながるのです。また、瞑想をして不要な情報を遮断することで、新しい情報が入りやすくなるという効果も期待できます。

自宅でできるヨガ

ヨガは自宅で簡単に行なえます。両足をのばして床に座り、背中を前屈させて30秒キープする「前屈のポーズ」、膝を開いて両足裏を合わせて床に座り足先を手で持ち前屈する「がっせき前屈のポーズ」など、ポーズはさまざま。記憶力アップ以外には、肩こりや腰痛などにも効果的なので、ぜひ実践してみてください。

自宅でできる瞑想

ヨガ同様に、自宅でできる瞑想もとても簡単です。まずは楽な姿勢になりましょう。椅子や床に座る、横になるなど、リラックスできればどんなスタイルでも問題ありません。鼻から空気をゆっくり吸って、息を長く吐き出しましょう。お腹の中までたっぷり空気を入れるような腹式呼吸を意識してください。

視覚からの情報を遮断するために、目を瞑るのがおすすめです。後は体の力を抜いて極力何も考えず、安静を保ちましょう。瞑想が終わり目を開けたときには頭がスッキリしているはずです。

最近では、「遠志(オンジ)」という成分を摂取することで記憶力低下が改善されるといわれています。いくつか商品が販売されているので、一度お試ししてみてはいかがでしょうか。

記憶の低下を改善させる遠志(オンジ)とは?詳しくチェックする>>

TOP