あなたの脳の活性化をお手伝い!記憶力アップのあらゆる情報をお届けします。

menu
脳を活性化させる記憶力アップ大百科 » タイプ別 おすすめの記憶術 » 視覚優位者

視覚優位者

こちらのページでは脳の認知特性である「視覚優位者」について解説します。

視覚優位者とは?

視覚優位者は目から入ってくる視覚を記憶するのが得意なタイプの人を指し、「写真タイプ」と「3次元映像タイプ」の2つのタイプに分類されます。

写真タイプ

写真タイプの人は、目に入った情景を写真のように脳内に記憶するのが得意です。何年も前に旅行に行った場所の風景を覚えていたり、人の顔を覚えていたりするのが得意な人は写真タイプといえるでしょう。

目で見た情報を記憶するだけでなく、瞬時に処理することも可能で、「この風景にはどんなものがマッチするのだろう」と考えることが得意。写真家や画家、デザイナーなどに向いているタイプです。

3次元映像タイプ

写真タイプに時間軸が加わったタイプが、3次元映像タイプとなります。物事を映像として記憶することで、手順や道のりなどを理解することが可能です。地図を見ただけでもどこに向かっていくべきなのか瞬時に理解することができる、音楽を聞いているときに音の流れがウェーブのように頭のなかで可視化できるといった特徴があります。テレビのカメラマンや映像関係、パイロットに向いているタイプです。

脳と記憶の関係について詳しく見る>>

視覚優位者の記憶力アップ方法

風景など見たものを瞬時に記憶するのが得意な写真タイプですが、逆に長いあるいは難解な文章を理解するのが苦手です。そのため、記憶するときにはスライドやイラストなど目でわかる情報に落とし込みましょう。勉強でノートを作る場合は体系立ててチャートやフロー式にまとめても良いですね。歴史などは教科書を見て言葉で覚えるのではなく、情景を思い描くことによって記憶しやすくなります。

例えば「関ヶ原の戦い」というワードを見たら、徳川家康率いる東軍と、石田三成率いる西軍が激しく衝突している、大河ドラマのような情景を頭のなかで思い描いてみてください。そうすることで、記憶しやすくなるはずです。

文章でまとめる際には記憶したい部分の色を変える、アンダーラインを引くといった、視覚に訴えかける工夫をすると効果的といえるでしょう。

また、遠志(オンジ)という成分を摂取することで記憶力がアップする効果があるといわれています。視覚優位者タイプの記憶力アップ方法と併用すると、さらなる効果が期待できそうですね。

記憶力アップ効果が期待できる遠志(オンジ)とは?詳しくチェックする>>

TOP